取り組みやすいダイエットとして話題の食べ合わせダイエット。管理栄養士である伊達友美さんが提唱する伊達式ダイエットに関して、ポテトチップス、ケーキなどの具体例や、方法などの情報。他に本や成功体験なども紹介しています。

食べ合わせダイエットの具体例を紹介します。

食べ合わせダイエットとは、管理栄養士の伊達友美さんが提唱する新しいダイエット方法です。

それは食べ物の組み合わせを考えて食事をすることで、脂肪がつきにくく、一方で新陳代謝が良くなる効果が得られるため、結果として、太りにくくなったり、痩せやすくなったりするというものです。

例えばラーメン。カロリーが高く、逆にビタミンやミネラルは少ないので、ダイエットでは敬遠されやすい食べ物です。

しかし食べ合わせダイエットでは、ラーメンを食べる前に野菜ジュースを飲むことで、急激な血糖値の上昇が防がれるので、糖はゆっくりと体内に吸収され、脂肪として蓄積されにくくなるということです。

さらに野菜ジュースを飲むことで、ラーメンでは得にくいビタミン、ミネラルが補給されるので、栄養のバランスも整いますね。

また、焼肉もダイエットに向かない食べ物の一つに挙げられます。しかし、焼肉の前にキムチを食べることで、キムチに含まれる乳酸菌の作用と、唐辛子などによる体温上昇によって代謝がアップし、カロリー消費の効果が狙えるのです。

キムチは発酵食品なので、乳酸菌が多く含まれています。また、唐辛子の辛味成分であるカプサイシンには、脂肪の燃焼を促す効果があります。だから焼肉とキムチの組み合わせで、ダイエットにつながるという訳なのですね。

ダイエット中は美味しいけど高カロリーの食べ物を我慢しなければならないから、苦しくつらい……と思われがちです。けれども食べ合わせダイエットなら、好きな食べ物も安心して食べられるうえに、栄養バランスもバッチリの食事ができて、より健康的な体が得られそうですね。

▲このページのトップへ